スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ままらぶ』感想ー

世間(TL)ではそこそこフジテレビの26時間TVの話題で盛り上がっている中、気付いたら僕はW杯終わってからアニメ以外ほとんど見ていない。

確か26時間TVを20時間以上見たこともあったんだけどな……高校生の時に

ああ、ゆりかごから墓場まで残念な奴ですみません。というか本当に色々と残念だな自分!


それはそうと(自分の半生を省みる気ゼロ)コミケカタログROM版、通称カタロムが便利過ぎてやばい。

ワード検索出来たりチェック機能あったりサイトにジャンプ出来たり……

気になるサークルが増えすぎたらどう責任を取ってくれるんですかね

そしてほとんどが3日目という……まあ分かってはいたけど

エロマンガ島の住人と途中まで一緒だから大変そうだー


おっと、たった今とある科学の超電磁砲のオフィシャルビジュアルファンブックが着弾!!

ふむふむ……

ほほう……

ごくり……!!

よし、まずは一言

何故よりにもよって一番下手くそな絵を表紙にしたんだ!!

いやまあ一番じゃないかもしれないけど違和感MAXじゃないっすかこれ。

興味ある人は表紙見ずにそのままレジへ向かうこと推奨。

もちろん大半の絵は素晴らしいですわよ。

ちょっと一部の人が露骨に足を引っ張ってはいるものの仕方がない。

う~んでもこうやって見るとけいおんは描く人によってそりゃ多少の違いはあるけれど一定水準を下回ることってほとんどないよなーと。

レールガンは、まあ作品風に言うならレベル4~5の人が大半。レベル2~3の人が少々。レベル1はほとんどいなくてレベル0がそこそこ……そして目立つなー。

あくまで個人的な好み、というか僕アニメ3話までしか見てないのでよく知らないんですけどねぶっちゃけ。

とりあえずメイド美琴とか可愛いにも程があるので見たほうがいい、絶対いいよ。


それではままらぶ感想。

mainH.jpg


涼子さんの、涼子さんによる、涼子さんの為の作品

※まきいづみに変換も可


ああ、僕はもう駄目かも分からんね……



「丸戸ゲーにハズレなし」という言葉が生まれるほど高いクオリティの作品を生み出し続けている丸戸史明氏による『一つ屋根の下愛情たっぷりAVG』

僕は丸戸氏のゲームは『この青空に約束を』『世界でいちばんNGな恋』『パルフェ』『WHITE ALBUM 2~introductory chapter~』に続いて5作目だったんだけど……

ある意味いちばんインパクトの強い作品だったでござる


メインヒロインの涼子さんが(推定)35~39歳くらいで、本編開始時から両想いで、でも二人とも涼子さんの娘の小雪が主人公のことを好きなのに気付いてなくて、っていうか遊び人として有名な主人公の父親も本命は涼子さんで……

え!?これで『一つ屋根の下愛情たっぷりAVG』!?泥沼じゃね!?

と誰もが思わざるを得ない設定なのにそこは流石の丸戸先生、ハートフルコメディに仕上げちゃってるわけで。


全体の流れは、他のヒロインの邪魔を振り切って涼子さんとのフラグを守り続ければ見事HAPPY END、以上。

というのは些か穿った見方ではあるけれど、大体そんな感じ……だよね?(誰に聞いている誰に)

冒頭から涼子さんとは両想いなわけで、基本的に共通パート1~3話の選択肢は涼子さんとのフラグを守るか否か(一応攻略したいヒロイン寄りにした方がいいとは思うけど)。

そして4話からは各話かおり→クリス→瑠璃→小雪中心のエピソードとなりそこで各ヒロインとのフラグを立てると個別√突入といった感じ。

なので攻略順はそのままかおり→クリス→瑠璃→小雪→涼子さんがいいかと。

やっぱりままらぶだけあって涼子さんの√終わったら他のヒロインに興味を持つことすら難しくなると思った方がいい。

ちなみに小雪もかなりの破壊力があるので同様のことが言える。


キャラクターについて。上のリンク先のげっちゅ屋見ながらだと良いかと。


涼子さん

個人的丸戸ゲー最萌えヒロイン。他のヒロインに問題が発生して主人公が頑張っている時、主人公がラブコメって大騒ぎの時、みんなからの「涼子さんは1番大人でしっかりしてて公平な目で物事を見ているだろう」という信頼を完全に裏切っている嫉妬・ジト目最高です。
嘘みたいだろ?この人四十路前なんだうわおいやめろなにをする

大人だけど駄目で、でも駄目だけど大人で。強さと弱さどっちも持ってて。この作品はやっぱり涼子さんゲーなんだよ、本当に大好きだ。

でもこれだけは言わせてくれ

「ママ」と呼ばれていつもの何倍も感じまくるのは流石に言い訳しようがない!! どう見ても完全に歪んだ性癖ですどうもありがとうございました!!


小雪

他の丸戸ゲーなら主役級。デレ小雪には完全に撃ちぬかれた。

5年間好きだった男が自分の母親と陰で付き合っているというまさに昼ドラ悲劇のヒロイン。でも彼女は強かった。うん、幸せにな。




クリス

海外ドラマ風演出(笑い声)を導入するべく作られたヒロインだろ……って最初は思ったけど(おい)、明るさと勢いというこの作品を象徴するキャラクターだったね。

個別√は、忘れたということで一つ


瑠璃

全国5千万の妹スキーの同志諸君!! ご褒美だぞ!!

小悪魔妹ヒロインとか、僕はもう……僕はもう……

日常シーンでのギャグ含め、一番楽しいキャラクターだったなあ

個別√は、忘れたということでここも一つ


かおり

酒好き・生活能力皆無・年上と一色ヒカルキャラに必要な要素三拍子見事に揃えております。

個別√は……小雪も好きって気持ち気付かせる前に抱かれちゃえば楽だったのになあとか。かおりさん関係ねえ


主人公

他の丸戸ゲーの主人公に比べれば能力は低い……わけでもないけど「この青空に約束を」の航とは同年代でもかなり違うタイプ。アンチ青春タイプというか。

もちろん自分の親の世代の女性を好きで社会的地位を求めている以上背伸びするしかないわけで。

結構好き嫌い分かれるタイプだと思うけど僕は好き。

だって男友達少ないからな



他の丸戸ゲーの丁寧で洗練されて纏まっている感じと比べると粗い部分が目立つけど、コメディ色が強いので気にならないというかむしろこっちの方が良かったと思えるほど。

他の丸戸ゲー好きにはもちろん、笑えて萌えて泣けるので老若男女皆にオススメ。

それにしても丸戸先生の作品の登場人物は物分りが良くなくていいな。

エロゲーの登場人物の多くは物分りが良すぎるか悪すぎてただのわがままにしか見えないことが多い気がする。

人間味と言えばいいのかな、丸戸先生は人の嫌な部分を書いて、そして結果的にいい方向に向けちゃうのが卑怯なほどに素晴らしい。

そういう意味でもホワイトアルバム2の後編には激しく期待。


途中何度も寝落ちしたけどこれにて終了。ではでは
 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toma

Author:toma
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。