スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『インセプション』感想というか煽り文

先週末の3連休、皆々様におかれましてはいかがお過ごしだったでしょうか?

え?なぜ木曜日にもなってそんなことを聞くのかって?というかお前日記も書かずに何してたって?


日・月・火・水と4日間、風邪ひいてベットの上で強制4連休だったっつーの!!

なんという「風邪を引いたので4回休み」

僕は9歳から20歳くらいまではほとんど病気にならず超健康優良児だった(サッカーやってたからか?)ので、ちょっとした風邪で驚くほど弱るんだよね。普通の人なら2日立たずに治りそうなものを4日間もずっとうーうー言って床に臥していたわけで。

その間、ちょっと「ままらぶ」を進めたり「フォロウイング」観たり。これ以上感想を溜めておくわけにもいかないので今日からちゃんと書いていくぜ!

というわけで明日より全国ロードショー! 『インセプション』感想。



インセプションmain



観ろ!!

おおっと言葉が足らなかったか

映画自体嫌いな奴、洋画が嫌いな奴、白人が嫌いな奴、小難しい話が嫌いな奴以外は全員観ろ!!


いやいや、もう本当に騙されたと思って観て欲しい。なかなかないよ他人に観ろ!って言える映画。

緻密なルールの上に爆発する想像

レオナルド・ディカプリオ演じる主人公コブの葛藤(とカッコ良さ)

そしてそのコブの仲間達のプロフェッショナルさと最高にかっちょええアクション

どれを取ってももう最高と言うほかない。

SF・アクション・強盗・ドラマ……これを詰め込みすぎなどころか計算し尽くして作品に取り入れてるあたりそりゃ

「なんだ、ただの神か」

としか言えないわけで。

あああと、観た人は「クリストファー・ノーランがオーシャンズ11を作ろうとしたらまるで違う物が出来た」と言えば納得してくれそう。


さて、せっかく手元に(上映後ダッシュで確保した)パンフレットがあるのでこの映画について簡単に説明をしましょう。

あ、内容については触れないよ?この映画が今ひとつどういった仕組みなのか分かっていない人がほとんどだとは思うけど

実際最初は理解出来ないけど、途中でとある人物に対しての説明シーンを通して一緒に把握出来るので安心してな。というかそこら辺の流れとか無駄なくかつ面白くてもう放心状態だったさ僕は。


今作はクリストファー・ノーラン監督の第7作。

ノーラン監督は『フォロウイング』でデビューし『メメント』、『インソムニア』、『バッドマンビギンズ』、『プレステージ』、『ダークナイト』と名作を作り続けて若干39歳にして押しも押されぬヒットメーカーと称されている、らしい。(映画業界については無知なもんで)
僕もまだ『メメント』観ていないしそこまで詳しくないので詳細はwikipediaでどうぞ(どないやねん)

ダークナイトで総興行収入全米歴代3位を記録したノーランの脚本をワーナー・ブラザーズが購入したのが今作『インセプション』。ノーランのとっては『メメント』以来の単独脚本、『フォロウイング』以来の完全オリジナル作品。

ダークナイトの大ヒット、そしてレオナルド・ディカプリオを主演に迎えたことで世界、そして日本でも注目度は高い。(日本の場合は渡辺謙効果もあり)

ってところかしら。

ということで期待されているであろう部分の僕の感想を。

・レオナルド・ディカプリオ

レオ様出演は以前より監督が熱望していたことらしいけどなるほど納得。アクションのカッコよさ、そして主人公コブの葛藤を完璧なまでに演じていたんじゃないかと。カッコよさ、エリートっぽさ、脆さ、弱さ……それらを合わせ持った役やらせたら適役過ぎるというか、なるほど世界中のおばさんがやられちまうのも無理ないんじゃねーのと。

・渡辺謙

サイトーは渡辺謙が演じることをイメージして作られたということだけあって完璧はまり役、というかこのおっさんカッコ良すぎだろ。渋さ、怪しさ、カッコよさ三拍子揃ったおっさん萌え殺し。ストーリーの中核を担う重要人物を見事に演じていましたよ。

・アクション

これはまあダークナイト観た人からは当然期待されているんだろうけど、これもまた素晴らしかったとしか。それはまあアクションとしてはダークナイトには劣りますがシチュエーションがカッコ良かった。無重力とかスキー場とかが個人的にはお気に入り。

・SF

予告での街が落ちてくるシーンなんかが印象に残ってると思うけどいやいやもっと凄いのありますぜ。システムとストーリーがこれでもかってぐらいにハマリ合っていてる上での「想像が爆発だ!!」というとんでもシーンの連発にもう涎が止まりませんですわ。

「夢」と「潜在意識」がテーマとはされているけれど、他にもギミックとして時間も使われていてそれらがカチッとハマった時の衝撃は凄かった。



う~ん読み返してみると感想というよりただの煽りだな。まあ上映前なので意識はしたけど。

本当はまだまだ言いたいことあるけれどそれはまた別の場所で。出来ればもう1回観たいし、そういうオフあってもいいかなと。

最後にいくつか。

イームス(トム・ハーディー)のカッコよさは異常!! 会話シーンでもアクションシーンでも気付いたら彼を見てしまうのは僕だけなのか

他のノーラン作品と比べると、やはりダークナイトは超えられないけれどその次ぐらいには好きかなと。ダークナイトはあの重さが良かったからなー。

なんか支離滅裂だったけれど、とりあえず『インセプション』絶対観てくれよな!!

今年最高に贅沢な1800円or150分の使い方なのは間違いないから!!



クレームは受け付けるのでまずは劇場へ。ではでは
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toma

Author:toma
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。