スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳汁ドバドバ

今日は色々ありすぎて脳汁が止まらない、あ、もう昨日か。どっちでもいいっちゅーに。

lightの『Dies irae』チームによる今年最大級の期待作(僕のね)『神咒神威神楽』のPV・公式サイトが更新されましたよ。現在サイト激重です。PVはDLして10回くらい観ましたが、いや~全員素晴らしい。第一印象だとやはり凶月兄妹にドバりますね脳汁が。やはりDies組は熱い。後は可愛い見た目に狂気を宿した宗次郎くんや覇吐&竜胆カップルにもドバります。全員愛してますけどね。

今回のPVは主人公達の簡単な紹介程度なので、むしろ赤本の方が情報は多いのですが、なんにせよ今月末に出る『PARADISE LOST』についてくる体験版に期待です。


孤島の鬼  江戸川乱歩ベストセレクション(7) (角川ホラー文庫)孤島の鬼 江戸川乱歩ベストセレクション(7) (角川ホラー文庫)
(2009/07/25)
江戸川 乱歩

商品詳細を見る


『孤島の鬼』読み終わりました。凄い作品だった……・

前半は探偵小説、後半は冒険小説……それだけならよくあるのでしょうが、この作品の凄いところはそこに同性愛・障害者を
思いっきりぶち込んでるところですね。味付け程度のスパイスなんかじゃ決してない、根本から味を変えてしまう劇薬ですよ。正直に言えば、ミステリー部分はほとんど印象に残っていません。ミステリー部分こそスパイスと言いますかね。

この物語は同性愛者である諸戸道雄や片輪者達の悲痛な叫びによって出来ています。生き苦しい愛されたい受け入れられたい自由になりたい楽になりたい、という叫びによって……。

僕は彼らの気持ちを分かったようなふりはしたくない。地獄に生まれたモノの気持ちは地獄に生まれたモノ達だけの物なのだから。

以下、ネタバレあり感想

主人公が小悪魔過ぎる。深山木さん死んでからの彼の諸戸さんに対する言動は酷過ぎるよね、あれ、大部分を無自覚にやってるから恐い。たまに主人公も怪しげな雰囲気を感じてしかも流されてるけどそれ以外にももっと色々危ないとこあったし、つーかその気がないなら流されるなよと。諸戸さんマジ不憫。

主人公は終始煮え切らない男だなあと思った。初代さんが死んだあと彼女の灰を盗み食したところで彼の今後にかなり期待出来たのだけれど結局なあ。彼の行動が終始まともだったとは言わないけどもう少し狂気に走っても良かったと思うよあんな状況だったらさ。あとはまあ、諸戸さんに対しても煮え切らなかったですね。別に彼の愛を受け入れろとは言わないけれど、いくらなんでも酷過ぎる態度ですよねその気にさせて放置して無自覚に誘惑しておいて逃げるというね。

僕は諸戸道雄の人生を想うと涙が止まらない。諸戸道雄の最期を想うと涙が止まらない。主人公からの手紙を抱いて、名前を呼び続けて……切ないなあ胸が苦しいなあ。

諸戸さんについては、最初は「なんで探偵っていうのはこうも受け属性ばかりなのだろう」とか思いながら読んでいたわけですが、ええ健気ですよねえ可愛いですよねえ。顔真っ赤にしちゃって乙女ですよねえ。どれだけ苦しかったんだろう目の前にいる愛しい人を抱きしめられないということは。あれ、それって普通じゃね?

「生地獄」の章の彼の言葉は凄かった。「僕の愛を受けて」全ての制約から解き放たれて彼がようやく言えたこの言葉にはどれだけの想いが詰まっていたのだろうか。涙が出る。あの諸戸道雄が、美しく、可愛らしく、決して乱暴などしなかったあの諸戸道雄があそこまでケダモノのように主人公に迫るあの場面は忘れられそうにない。章題センスも神がかってる。

片輪娘秀ちゃん(なんとキャッチーなフレーズ!)の日記もしんどかった。自分が片輪者なのだと知り、世界は広いと知っていくあの絶望と言ったら……。半身と言えばいいのか、吉くんのことを好きになれれば幸せだっただろうが、歪ながらも幸せな箱庭を作れただろうに、悲しくも彼は粗暴であった、受け入れることなど出来なかった。ああ、確かに、真に悲しいのは吉くんの方だろう。好きな相手に受け入れられず離れられず、狂気のままに自慰に走る。二人の頭の良さが違ったことこそが不幸だったのでしょうね。

こうして見るとなるほど、大団円と言える終わり方だったのかな。生きている人は大方救われたし。諸戸さんに関しては、安易な救いを与えぬことで美しさを演出してますよねあれは。いや、死こそが救いなのか。とりあえず、主人公に対しては不満が残るけど、まあいいや。吉くんは、あのまま一生を過ごすよりは良かっただろうと思いたい。愛する半身の喪失の悲しみは想像も出来ないけれど。


人間の醜さ、運命の残酷さ、そして何より愛の美しさと切なさを他に類を見ないレベルで書き上げた『孤島の鬼』、この作品があなたにとって受け入れられるものかどうかは分かりませんが、それでも、読んでみて欲しいと思います。


『クロウカシス』終わったので後日感想を。イマは少しずつ『殻ノ少女』をプレイしてます。

小説は舞城王太郎の『煙か土か食い物』を読んでます。江戸川乱歩は次何を読もうか。

ではでは
プロフィール

Author:toma
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。